様々な発症原因

コップと薬

カンジタ症の原因となるのは真菌と呼ばれるカビの一種です。
この菌は別に不潔な場所に潜んでいるという訳ではなく、私たちの口や手、性器などに生息しており、常在菌と呼ばれる無害な菌なのです。
しかし、様々な現象によってこの真菌はカンジタ症を引き起こす非常に厄介な菌に変異してしまいます。

カンジタ症の発症する原因としては免疫力の低下などがあります。
その為、風邪や疲労、過度のストレスが身体にかかってしまった際などは身体の免疫力がガクッと低下し、カンジタ症になってしまう人が多くいます。
そして女性の場合は妊娠や生理前などにもカンジタ症になる人が多くいます。
更に、身体の表面に汗が付着して蒸れた状態が続き、身体の表面が不潔な状態になってしまった時もカンジタ症になる場合があります。
その為、身体を常に清潔にしておくというのはカンジタ症の発症を防ぐこともできるのです。
また、一部のレアケースとしてはHIVに感染した際にカンジタ症を発症することもあります。
HIVに感染してしまうと身体の免疫力が低下してしまう為、普段は何ともない真菌がカンジタ症へと変異してしまうのです。
その為、カンジタ症になってしまったから病院に行き、検査を行った結果HIVになっているのが発覚した……という事もあるのです。

また、抗生物質のような殺菌力の強い薬を長期間服用している場合もカンジタになってしまう事があります。
抗生物質というのはアオカビのような微生物から作られています、その為真菌は抗生物質に対する抗体を持っているのです。
そして、長期間抗生物質を服用したことによって体の菌のバランスが変化した結果、体内にいる真菌がカンジタになってしまうのです。